MENU

YouTuberに学ぶネットビジネスで結果を出せる人の特徴

ネットサーフィンしてる中、とあるYouTuberの動画を見つけたのでシェアしたいと思います。

これは副業でネットビジネスに取り組んでいる人はぜひチェックしてみてほしいです。

YouTuberという仕事もここ数年で出てきたネットビジネスの1つですよね。

副業で取り組んでいる人もいれば、YouTube一本で取り組んでいる人もいるでしょう。

そんな「YouTuber」というライバルがたくさんひしめき合う中で結果を出している人にはやはり特徴があります。

これについては後ほど触れていきますが、ひとまず

  • 今やっている仕事は本当のやりたいことじゃないから辞めたい
  • 起業したいけど、何をしたらいいのか分からない
  • やらなければいけないことがあるけど、やる気がでない
シロー

こんな思いを抱いている人は参考になる部分があると思います。

目次

YouTuberに学ぶ、結果を出す人の特徴

今回ご紹介する動画に出演しているYouTuberはラファエルさん、ぷろたんさんのお二人です。

どちらもチャンネル登録者数が100万人を超えているトップYouTuberの方です。

個人的にもどちらも好きなYouTuberで、2019年は時間を見つけてはよく見ていました。

視聴した動画には、ネットビジネスに取り組むに当たって学ぶことがたくさんとあると感じたのでシェアしたいと思いました。

冒頭でもお伝えしましたが、

  • 今やっている仕事は本当のやりたいことじゃないから辞めたい
  • 起業したいけど、何をしたらいいのか分からない
  • やらなければいけないことがあるけど、やる気がでない

こんな人はさっそくチェックしてみてください。

【忙しい人用にここだけは見てほしいポイント(7:00~13:40、15:50~17:20)】

動画の中でも触れていましたが、結果を出している人の特徴は次の2つ。

  • 思い立ったことはひとまず取り組んでみる
  • 努力を努力を思っていない

以下で詳しく触れていきます。

ひとまず取り組んでみること

自分がやりたいと思っていること、これだと思っていることにとりあえず取り組んでみることで見えてくるものがあります。

それが上手くいけばそれで良いし、上手く行かなかったとしてもそこから学べることが必ずあります。

少なくとも「上手く行かなかった=失敗」ではなく、成功までの選択肢が1つ減ったということです。

(つまり成功へ一歩近づくということ)

努力を努力と思っていない

人が自分で言う「がんばった」という感覚は非常に主観的なものです。

自分ではかなり努力したと思っていても、傍から見たらまったく努力した内に入らないということがあります。

例えば、ネットビジネスに取り組む時間について「毎日3時間やること」という類のものがよく言われます。

これをけっこうな努力と感じる人もいれば、7,8時間やることが普通だと思う人もいます。

後者の方が早く結果を出すのは誰が見ても明らかですよね。

「自分ではなんとも思ってない努力」が他人から見たら「とんでもないクオリティの努力」であること。

この状態を作り出すことが出来れば成功は目の前だと言えるでしょう。

ずっと安定して続けられる仕事はない

今回の動画テーマの中に「YouTuberが終わったらどうする?」というものがありました。

しかし、これは何もYouTuberに限らず、僕たちの身の回りにある、あらゆる仕事にも言えることです。

正社員だからといってクビにならないとは限らない。

そもそも勤めてる会社がずっと生き残り続けるかも分からない。

大企業だって急にリストラを実行するくらい不安定な世の中です。

タモツさん

終身雇用もう無理ぽ

安定の代名詞である公務員でもこれから先はどうなるか分からないですからね。

2012年頃の古い本ですが、『2050老人大国の現実』を読んで、恐怖したのを覚えています。

2020年に社会のあり方を大きく変えたコロナウィルスのように、予想だにしなかった外部要因が襲ってくることもあります。

これからの時代「○○の仕事についたら一生安泰!」みたいなものはなくなっていくのでしょう。

公務員は安定と言っても、それはほんの一面に過ぎないものですし。

真の安定を得たいと思うのなら、

  • ずっと学び続ける姿勢
  • 学んだことを実行する行動力

この2つを磨き続けることが重要だと感じます。

昭和バブル期の頃のような「○○の仕事についたら勝ち組!」みたいな短絡的な世界はもはや幻想と言えるでしょう。

兄貴

貴様が見ていたものは幻だ。

シロー

厳しい現実ッ!

収入の柱を3本持つこと

youtuber

動画の中でラファエルさんも触れていましたが、収入の柱を1本にしているのはリスキーです。

生活を支える収入の柱を3本持つことがこれからの時代は大切になってきます。

投資の話でもよく「卵を1つのカゴに入れるな」とも言いますよね。

リスク分散が大事という話です。

変化の多い時代ですから、今の仕事がいつまで続くか分かりません。

収入源の1つが潰れてしまった時、まったくジャンルの違う収入源を持っていれば安心です。

理想の形としては「本業、副業、投資」の3本柱を確立したいところです。

そのための第一歩として、副業での収入を安定させられるようにがんばる必要があります。

ちなみに僕は以下のように捉えています。

  1. 本業→サラリーマン(ベーシックインカム)
  2. 副業→ネットビジネス(汎用性の高いスキル)
  3. 投資→不動産(盤石な安定収入)

現在の本業に特に不満がないなら問題はありませんが、何もしないでいると定年70歳コースというあまり想像したくない現実が待っています。

兄貴

貴様が見ているものは…

シロー

なんだ良かった~。これもまぼr

兄貴

…現実だッ!

シロー

現実かよォォ!

本日のエンディングテーマ

勇気が湧いてくる曲です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代サラリーマン。独身。
2021年1月から不動産賃貸業について勉強を開始。
2022年5月に大家デビュー。

コメント

コメントする

目次
閉じる